不動産用語集

HOME » 不動産用語集  » あ行 » 意思能力
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行   アン ジョア(an JOIE) 事務服 制服 春夏06072 半袖ブラウス 17号・19号は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
いしのうりょく

照明 人気照明 ガラスキューブハロゲンペンダント 3灯 キシマ【インテリア照明 天井照明 間接照明 電球色 ダイニング リビング アンティーク レトロ カフェ 6畳 4畳 ガラス 照明器具 北欧 ナチュラル おしゃれ 天井】【リビング用 居間用】 ハンギング 4612J 【福袋】新作日本の激安販売

法律行為を行なったときに、、自己の権利や義務がどのような変動するかを理解するだけの精神能力のことです。
民法上明文の規定はないが、このような意思能力を持たない者(=意思無能力者)の行なった法律行為は無効とされています(判例)。
意思無能力者とは、具体的には小学校低学年以下に相当する精神能力しか持たない者と考えられます。
通常、法律行為が無効であれば 、その無効は契約等の当事者の誰からでも主張することが可能とされており、意思無能力者の行なった法律行為も同様です。
ただし、意思無能力者の法律行為が無効とされるのは、意思無能力者を保護する趣旨であるので、意思無能力者が無効を主張しない場合(契約等の効力の存続を希望する場合)には、、契約等の相手方から無効を主張することは許されません、とする有力な学説があります。
参考文献:
関連サイト:
投稿者: iwatahome   投稿日:2015年3月6日()  閲覧回数:214
Powered by Xwords  based on Wordbook