【アウトレットSALE】【日本製】本革リボンコンビパンプス[ラウンド/本革/牛革/スムース/リボン/セール/小さいサイズ/レディース/AREZZO]【返品交換不可】【10P05Nov16】 【22.0cm~24.5cm】ころんと丸い本革ラウンドトゥ♪大きめリボンが愛らしい4cmヒールのデイリーパンプス♪ (グラファイト×グラファイトカラーベース) 20%OFF IN期間限定割引

ネット誹謗中傷や風評に遭った方や、2ちゃんねる削除依頼を行いたい方をお役立ち情報でサポートする情報ポータルサイトです

全国の地域密着型の有力なネット誹謗中傷・風評に強いを紹介するサイトです。

<■ネット誹謗中傷対策の紹介ポータルサイト。
掲示板や2ちゃんねるの削除依頼方法、書き込み者の特定や発信者情報開示請求、慰謝料の損害賠償請求、示談交渉や訴訟や裁判、など誹謗中傷対策の重要なコンテンツが満載。
 

浮気・不倫?夫婦のLINE盗み見で不正アクセス禁止法違反の可能性

投稿日2017.04.08

カテゴリ SNSの誹謗中傷

見出し

人気提案【アウトレットSALE】【日本製】本革リボンコンビパンプス[ラウンド/本革/牛革/スムース/リボン/セール/小さいサイズ/レディース/AREZZO]【返品交換不可】【10P05Nov16】 【22.0cm~24.5cm】ころんと丸い本革ラウンドトゥ♪大きめリボンが愛らしい4cmヒールのデイリーパンプス♪ (グラファイト×グラファイトカラーベース) 20%OFF IN

パートナーや恋人が、最近怪しい。ふとスマホの画面が光ったのを見たら、知らない異性からの連絡が…そんなとき、ついラインなどを「勝手に見てしまった!」なんてことよく聞く話です。

でもこんな男女のいざこざも、実は法律に反する可能性が。プライバシー侵害で慰謝料請求や、不正アクセス禁止法違反で懲役を課せられる可能性もあります。つい出来心がきっかけで法に触れないようにしなければいけません。不倫で慰謝料請求どころか、見てしまった側が罪に問われる可能性があります。

そこで今回は、「LINEなどの盗み見と法律違反」、「不倫発覚の際の安全な証拠の集め方」について解説いたします。

人気提案【アウトレットSALE】【日本製】本革リボンコンビパンプス[ラウンド/本革/牛革/スムース/リボン/セール/小さいサイズ/レディース/AREZZO]【返品交換不可】【10P05Nov16】 【22.0cm~24.5cm】ころんと丸い本革ラウンドトゥ♪大きめリボンが愛らしい4cmヒールのデイリーパンプス♪ (グラファイト×グラファイトカラーベース) 20%OFF IN

LINEなどパートナーのスマホを盗み見たりする話を、耳にすることは意外とよくありますよね。「どれくらいの方が盗み見を行っているのか」ですが、3割から5割ほど1度は経験があるのではないか?といわれています。

けっこう多くの方がしているであろう携帯電話などの「盗み見」ですが、犯罪になる可能性についてはどれくらいの方が考えているのか明らかではありません。
夫婦だから、家族だから許されると許容されそうと考えそうですが、実際問題はないのでしょうか?

2.犯罪になる?なるとするなら、どんな犯罪?

では、パートナーの浮気を疑って、LINEを盗み見てしまった場合、犯罪が成立する可能性はあるのでしょうか。ズバリいうと、犯罪が成立してしまう可能性はあります。どんな犯罪に当たる可能性があるのかは、以下を見ていきましょう。

2-1.刑法の信書開封罪にはならない

では、刑法の信書開封罪にあたる可能性はあるのでしょうか?

日本の刑法は、133条で信書開封罪を規定しています。具体的には、「正当な理由」がないのに、「封をした信書を開けた者」は1年以下の懲役又は20万円以下の罰金に課せられることが規定されています。

まず、条文をみてのとおり、この法律は「信書」を対象としています。「信書」は手紙やハガキなどの紙を想定しています。したがって、スマホのアプリケーションであるLINEはこれに含まれません。他のメッセージアプリも同様です。

以上から、LINEを盗み見ても、刑法上の罪に問われることはありませんので、安心してください。しかし、他の法律も問題となります。

2-2.民法上はプライバシー侵害が問題に

2-2-1.プライバシー権は憲法上保証された重要な権利

憲法上、個人のプライバシー権は重要な権利です。プライバシーを侵害するようなことがあれば、民法上不法行為として損害賠償請求(民法709条)を受ける可能性があります。

プライバシー権とは、みだりに私生活を公開されない権利のことをいいます。つまり自分の私生活に関する情報をコントロールする権利のことです。行政に提供しているような個人情報だけではなく、人に知られたくない私生活上のごく私的な情報も含まれます。そして、これは夫婦間など密接な関係の間においても認められているものです。したがって、勝手にパートナーのスマホをチェックすることはプライバシー権の侵害に当たる可能性があるということです。

2-2-2.勝手にアプリを開いて盗み見ると損害賠償請求も

では、どの程度でプライバシー権侵害になるのでしょうか。

例えば、冒頭で挙げたようなスマホのポップアップ画面に浮気の証拠となるようなメッセージをたまたま見てしまった場合は、プライバシー権の侵害とは言い難いでしょう。たまたま見てしまっただけですし、自らスマホの中身をチェックしたわけでもありません。しかし、自ら勝手にパートナーのスマホの中身をみて、LINEをチェックしたというケースでは、プライバシー権侵害にあたる可能性が十分にあります。この場合は、パートナーのプライバシー権を侵害しただけでなく、送り手である浮気相手とされる方のプライバシー権も侵害した可能性があります。したがって、勝手に人のスマホをチェックするのは、夫婦であっても控えるべき行為といえるでしょう。

もっとも、盗み見したことによってプライバシー侵害に基づく損害賠償請求を受けたとしても、夫婦やパートナー間である場合は親密な間柄ゆえに慰謝料額が低くなる可能性が高いといえます。とくに浮気などを疑って見てしまったケースは損害賠償すら認められないこともあります。

このように、プライバシー権の侵害にあたり損害賠償請求を受ける可能性もあります。もっとも、夫婦間などごく親密な間柄では、高額な慰謝料が請求されることはまずないので、見てしまったからと言って過度に心配する必要はありません。ただあまり褒められた行為ではないことは覚えておきましょう。

2-3.不正アクセス禁止法違反にも

2-3-1.勝手にログインすると不正アクセス禁止法違反に

実は、先にご説明した2つの罪以外にも不正アクセス禁止法に触れる場合があります。具体的にいうと、パスワードを解除してログインした上でLINEを盗み見た場合です。

不正アクセス禁止法は「何人も不正アクセスをしてはならない」(同法3条)として、これに反する場合は、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」に処するとしています。そして、パスワードを解除してログインした上でLINEを盗み見る行為は、不正アクセス行為となるため、上記罪が課せられる可能性があります。他方、パスワードの設定がない場合に、勝手にLINEを盗み見る行為は不正アクセス禁止法違反にはあたりません。この場合、すでにダウンロードされているメールやアプリを見ているだけなので、インターネットなどを通じて情報を送受信するような行為は行われていないからです(※)。つまり、アプリにロックがかけられているかどうかが不正アクセス禁止法違反になるかの重大な分かれ目になってきます。

※最近では、アプリを起動するだけでデータ通信が行われる機能があります。この場合、不正アクセス禁止法に当たる可能性はあります。

2-3-2.データの転送も危険

では、別のスマホにスマホの送信内容などを送って、別のスマホで再現するクローン携帯はどうなるのでしょうか。
これも、持ち主の許可なくインターネットを使ってデータの送受信が、行われているためが不正アクセス禁止法違反になります。最近では浮気の証拠を残すために、このような手法をとる方がいらっしゃるようですが、法律違反にあたるため、あまり良い方法とはいえないでしょう。

このように、ちらっと見ただけで不正アクセス禁止法に抵触することはありません。しかし、勝手に自らロックを解除してLINEを盗み見たりする行為は不正アクセス禁止法に当たる行為ですので、 、十分気をつけましょう。

【参考】不正アクセス禁止法とは?不正アクセス対策と事例をわかりやすく解説

3.不倫の証拠として使える?

でも…「浮気の証拠を残したい!これは正当な理由になるでしょ?」

そんな声が聞こえてきそうです。しかし、LINE盗み見でゲットした浮気や不倫の証拠は裁判では証拠として扱ってもらえない可能性もあります。

まず、刑事訴訟法上は違法な手続きや手段で得た証拠は、証拠にすることができないとする違法収集証拠排除法則が厳格に適用されます。したがって 、刑事事件ではプライバシー侵害のあるデジタルデータに関しては、証拠にできないといえます。

もっとも、離婚などで問題となるのは民事事件です。民事訴訟法上は、そこまで厳格性は求められていませんので、証拠となる可能性が高いともいえます。もっとも、デジタルデータは改ざんが疑われると証拠として認められない可能性があるので、改ざんが疑われないように証拠を残す必要があります。

このように、最近ではLINEのデータなどは不倫の証拠として扱ってもらえる可能性は高いです。しかし、片っ端からパートナーのPCやスマホにログインして、データを移すような行為は不正アクセス禁止法にあたります。ですので、法律違反のないように証拠をゲットする方法を覚えておくべきといえるでしょう。

4.不倫の証拠を残したい場合はどうすれば?

とはいうものの、どうすれば法律違反なく浮気の証拠をゲットできるのか、気になります。浮気や不倫のデータを集めたい場合は、以下のことに気をつけましょう。

4-1.できるだけ多くの証拠を集める

まず、LINEのデータだけに頼るのは止めましょう。LINE以外にも、不倫相手とご飯を食べた場合の飲食店の領収書やホテルを利用した場合クレジットカードの明細、仲良さそうに映る写真なども証拠になります。LINEだけでなく、幅広い証拠を集めることで、不倫があった事実が推認されやすくなります。

もっとも、LINEでゲットすべき情報もあります。それは、性交渉があったことを確実に推認させるような会話のやりとりです。これは決定的な証拠になります。ですので、LINEで不倫の証拠を集める場合は、この点に絞って情報を集めるようにすると良いでしょう。

4-2.改ざんは疑われないように

次に、証拠の残し方が問題となります。デジタルデータは改ざんが疑われる可能性があります。それでも証拠として認められる可能性はありますが、リスクを犯さないためにもデジタルデータは転送せず、画面をそのまま撮影するようにしましょう。会話の画面だけでなく、その画面がパートナーのスマホの画面であることを証明するため、携帯番号が表示されているプロフィール画面も撮影しておくとさらに良いでしょう。また、LINEの一括ダウンロード機能を使うと、日付や時間もわかるようにダウンロードされるため、証拠として使えるでしょう。

4-3.法律違反にならないように

LINEの証拠を集める具体的な方法をお伝えしましたが、法律違反になっては元も子もありません。プライバシー侵害や不正アクセス禁止法には十分気をつける必要があります。最悪の場合は、

、証拠として認めてもらえないだけでなく上述した罪に問われる可能性もあります。

では、どうすれば法律違反にならずに証拠を集めることができるのでしょうか。

一番良い方法は、パートナーの許可をとることです。「正直に話せば許す」と言って、うまく話し合いに持ち込み、LINEを見せてもらうことが一番安全な方法です。実際に、あなた自身がまだ許せる可能性があるなら、一度許してあげることも考慮してみるべきかもしれません。それでもどうしても許せない場合、許可を得て収集した証拠を後に利用することもできます。

パートナーと話し合いをしても見せてもらえないケースも十分に考えられます。そんなときの最終手段としては、LINE株式会社に直接文書提出命令を裁判所から出してもらうという方法もあります。しかし、LINE株式会社が応じてくれる保証はありません。

もっとも、LINEを見るだけなら法律違反にはあたりません。もっとも開くだけで通信を行うようなケースもありますので、機内モードにしてからLINEを開くようにすると、通信ができなくなるため安全といえるでしょう。

このように、法律違反にならないように証拠を集めるのは現実的には難しいことかもしれません。もっとも、最悪のケースを考えて勝手にログインして証拠を集めるのではなく、できる限り許可をとってから証拠を集めることを考えてみましょう。

5.スマホで不倫が発覚。慰謝料請求をするならに相談を

たまたま見た、相手のスマホから不倫をしていることが明らかになった。でも「慰謝料を請求するためには証拠を集めなくちゃ…」という場合、具体的にどうすればいいのか不安になる方もいらっしゃるでしょう。また、実際に慰謝料を請求する場合、どのくらいの額を請求できるのかなど専門家に相談したい方もいらっしゃるとおもいます。

スマホのやり取りは証拠が残りやすいので、不倫や浮気の証拠として活用したいですが、違法に集めては意味がありません。ITに詳しいにも相談する必要があるでしょう。

そんなときは、ITにも専門的な知識があり、離婚に関しても取り扱っているに相談してみましょう。スマホの証拠の残し方、離婚に関するさまざまな問題を一挙に任せることができます。最近では、無料相談を受け付けている事務所も数多くあります。不倫で慰謝料を請求する場合、個別具体的な問題を尋ねたい場合は、専門家であるに相談することが一番です。

【参考】男女関係トラブルで不倫・浮気・離婚暴露する書き込み!嫌がらせ削除

【PR】が電話で無料相談に乗ります!

ネット誹謗中傷”トラブル”でお悩みの方へ!以下の項目に当てはまるなら 即、相談! 「イコール訴訟」ではありません。ひどすぎるネット誹謗中傷などについてご相談があるならへ今すぐご連絡ください。

    

1.最近、ネット誹謗中傷トラブルに巻き込まれた

2.SNS・掲示板・ブログなどで多数の攻撃をされている

3.会社(法人)の悪い評判が書かれ風評を受けている

4.名誉毀損慰謝料についてお任せしたい


大丈夫です!お任せください!

相談カフェではの実績の豊富さを重視するだけではなく、特に『ネット誹謗中傷を活発的に』扱っている事務所を厳選し、優良で安心できる事務所のみを掲載しています。以下のページからぜひお探しください

今すぐネット誹謗中傷に強いを探す

関連記事: SNSの誹謗中傷

SNSの誹謗中傷

記事カテゴリ

事務所

{yahoojp}zt03-myp12-gui-zd-4217