難書を解釈する方法:分節・絵画・釈例


陳澧(ちんれい,Chen Li,1810-1882)の『東塾読書記』(八「儀礼」)に興味深い指摘があります。

『儀礼』は難読であり、昔の人が同書を読んだのには、おおむね次のような手がかりがあった。第一に分節、第二に絵画、第三に釈例である。今の人は古人の後に生まれたが 勢克史『リビエラキャッスル』シルクスクリーン、それらの方法を身につけて『儀礼』を読めば、この経書に通ずることも難しくない。

難解な『儀礼』を読み解くために、古人は、第一に『儀礼』の本文を腑分けして理解し、第二に図を描くことによって理解し、第三に凡例を作って理解した。そのようにいくつかの工夫をこらして読んだ 暖簾4枚セット 【四季のれん 和柄 富士 0427】 春夏秋冬 4季のれん 富士山 春富士 夏富士 秋富士 冬富士 85×150 日本製、というわけです。

難しい書物は、古人にとってもやはり難しかったので、理解のためには工夫せざるを得なかった 柳川朝邨作 【鶴亀】 p2201、ということなのでしょう。陳澧の趣旨は、「後漢の鄭玄の注、唐代の賈公彦の疏などに『儀礼』読解の工夫が見える」ということですので、以下、それをかいつまんでみます。

分節

  • 賈公彦は『儀礼』の本文に対し、「どこからどこまでは、何々を論ずる」と説き、これが全書を貫いている。「有司徹」の鄭玄注が「どの句からどの句まで(自某句至某句)」としばしば言っており、これが賈疏の分節の手法の由来である。
  • 賈公彦の疏による『儀礼』分節には 和茶棚FK-308 なでしこ【送料手数料無料】最低価格に挑戦、たいへん細密な部分がある。たとえば、「聘礼」の「君使卿韋弁,歸饔餼五牢」以下の部分を三節に分ける。特に「有司徹」の疏は腑分けが細かい。
  • 朱子『儀礼経伝通解』は 掛け軸-兜と菖蒲/唐沢 碧山(尺五・床の間に端午の節句画掛軸元気な男児の掛軸を)、賈公彦よりもさらに系統的に分かりやすく節を分けている。

絵画

釈例

  • 『儀礼』自体にすでに凡例的な記述があり、それが「郷飲酒礼」の「記」や、「郷射礼」の「記」に見える。
  • 鄭玄は、『儀礼』の凡例を数十条ばかりも指摘しており、それをまとめれば『儀礼凡例』が出来るほどだ。
  • 賈公彦は 【日本仕様】【OAKLEY】オークリー【Polarized Flak 2.0】フラック 2.0 サングラス(アジアンフィット)、鄭玄が示した凡例をさらに充実させた。

以上、陳澧がまとめた「古人の『儀礼』読解法」をご紹介しました。昔の人もいろいろと読書に工夫をこらしたものか 【取寄品】グラスシルエットアート ガーベラ&チューリップミニ モダンインテリアアート、と想像すると、感慨深く思われます。『儀礼』に見える礼の多くは、後世、失われてしまったので、古人も苦労したのでしょうね。

広告

いいね:

いいね 読み込み中...

コメントを残す コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか Highway 61 Diecast Highway 61 1/18 1969 Plymouth Barracuda 440 HC50570IN/模型/フィギュア/おもちゃ、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ( ログアウト / 変更 )

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ( ログアウト / 変更 )

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ( ログアウト / 変更 )

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ( ログアウト / 変更 )

%s と連携中